コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加納光於 かのうみつお

2件 の用語解説(加納光於の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

加納光於【かのうみつお】

美術家。東京生れ。胸を病み中学を中退。独学で銅版画を始める。1955年第1版画集を制作。1956年滝口修造企画監修のタケミヤ画廊で初個展を開く。1961年サン・パウロビエンナーレ,パリ・ビエンナーレに出品。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加納光於 かのう-みつお

1933- 昭和後期-平成時代の版画家。
昭和8年2月28日生まれ。独学で銅版画をはじめ,昭和31年滝口修造の推薦で個展をひらく。34年リュブリャナ国際版画展,37年東京国際版画ビエンナーレ展で受賞。既成の技法をこえた実験的技法を駆使し,油彩画も制作する。東京出身。本名は光夫。代表作に大岡信(まこと)との共作オブジェ「アララットの船 あるいは空の蜜」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone