コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加納光於 かのうみつお

百科事典マイペディアの解説

加納光於【かのうみつお】

美術家。東京生れ。胸を病み中学を中退。独学銅版画を始める。1955年第1版画集を制作。1956年滝口修造企画監修のタケミヤ画廊で初個展を開く。1961年サン・パウロ・ビエンナーレ,パリ・ビエンナーレに出品。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加納光於 かのう-みつお

1933- 昭和後期-平成時代の版画家。
昭和8年2月28日生まれ。独学で銅版画をはじめ,昭和31年滝口修造の推薦で個展をひらく。34年リュブリャナ国際版画展,37年東京国際版画ビエンナーレ展で受賞。既成技法をこえた実験的技法を駆使し,油彩画も制作する。東京出身。本名は光夫。代表作大岡信(まこと)との共作オブジェ「アララットの船 あるいは空の蜜」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

加納光於の関連キーワードセゾン現代美術館リトグラフ志水楠男美術家

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android