コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加納光於 かのうみつお

2件 の用語解説(加納光於の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

加納光於【かのうみつお】

美術家。東京生れ。胸を病み中学を中退。独学で銅版画を始める。1955年第1版画集を制作。1956年滝口修造企画監修のタケミヤ画廊で初個展を開く。1961年サン・パウロビエンナーレ,パリ・ビエンナーレに出品。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加納光於 かのう-みつお

1933- 昭和後期-平成時代の版画家。
昭和8年2月28日生まれ。独学で銅版画をはじめ,昭和31年滝口修造の推薦で個展をひらく。34年リュブリャナ国際版画展,37年東京国際版画ビエンナーレ展で受賞。既成の技法をこえた実験的技法を駆使し,油彩画も制作する。東京出身。本名は光夫。代表作に大岡信(まこと)との共作オブジェ「アララットの船 あるいは空の蜜」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

加納光於の関連キーワード中林忠良牛玖健治黒崎彰斎藤カオル斎藤寿一菅野陽野田哲也南桂子吉田千鶴子吉田穂高

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone