コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝口修造 たきぐちしゅうぞう

7件 の用語解説(滝口修造の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

滝口修造
たきぐちしゅうぞう

[生]1903.12.7. 富山
[没]1979.7.1. 東京
詩人,美術評論家。慶應義塾大学英文科を卒業。 1930年代,シュルレアリスムに関心をいだき,詩作や翻訳を行なった。第2次世界大戦後は美術評論家として新しい美術,デザイン,音楽,映画,写真を取上げ,若い世代に大きな影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たきぐち‐しゅうぞう〔‐シウザウ〕【滝口修造】

[1903~1979]詩人・美術評論家。富山の生まれ。ダダイスムシュールレアリスムの芸術論により作詩。現代芸術理論の紹介者・評論家として活躍。著「近代芸術」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

滝口修造【たきぐちしゅうぞう】

詩人,美術批評家。富山県生れ。慶大で西脇順三郎に学ぶ。1930年ブルトンの《超現実主義と絵画》を翻訳し,日本にシュルレアリスムを本格的に導入。また1940年に刊行された《ミロ》はこの画家に関する世界初のモノグラフで,後に共著《ミロの星の下に》(1978年)などが生み出された。
→関連項目小山田二郎加納光於実験工房

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滝口修造 たきぐち-しゅうぞう

1903-1979 昭和時代の詩人,美術評論家。
明治36年12月7日生まれ。慶大在学中に西脇順三郎を知りシュールレアリスムに傾倒。昭和5年ブルトンの「超現実主義と絵画」を翻訳し,以後一貫して前衛芸術運動の推進につとめた。26年総合芸術集団「実験工房」を結成。昭和54年7月1日死去。75歳。富山県出身。詩集に「滝口修造の詩的実験1927-1937」,著作に「近代芸術」「幻想画家論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たきぐちしゅうぞう【滝口修造】

1903‐79(明治36‐昭和54)
詩人,美術批評家。富山県生れ。慶応大学でイギリスより帰国した西脇順三郎に刺激されシュルレアリスムに傾倒,ブルトンと文通して,1930年に《超現実主義と絵画》(原著は1928刊)を翻訳し,モダニズムの風潮をこえた〈言語の極北〉をめざす詩的実験をつづけた。31年慶大英文科卒業後,PCL(写真化学研究所)で映画制作に従事。37年阿部展也(芳文)と共著の詩画集《妖精の距離》,38年戸坂潤の要請で〈唯物論全書〉の1冊として出た《近代芸術》で,青年美術家の中心となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たきぐちしゅうぞう【滝口修造】

1903~1979) 詩人・美術評論家。富山県生まれ。慶大在学中から詩作。シュールレアリスムの紹介・評論にもつとめた。著「幻想画家論」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

滝口修造
たきぐちしゅうぞう
(1903―1979)

詩人、美術評論家。富山県婦負(ねい)郡寒江(さぶえ)村大塚(現富山市)生まれ。1931年(昭和6)慶応大学英文学科を卒業。30年に親交のあったフランスの詩人アンドレ・ブルトンの『超現実主義と絵画』を翻訳、その後フランスの現代詩と美術を研究紹介、とくにシュルレアリスムをはじめ前衛芸術運動の推進に力を尽くした。41年には政府の前衛美術弾圧のため検挙され、8か月間拘留された。第二次世界大戦後は若い前衛的な詩人、美術家、音楽家たちと「実験工房」を結成、前衛的な現代美術の発展に指導的役割を果たした。60年(昭和35)東京・南天子画廊で初めての個展を開く。63年以後は執筆や美術展の審査などをいっさいやめていたが、70年にミロとの詩画集『手づくり諺(ことわざ)』、75年にアントニオ・タピエスとの詩画集『物質のまなざし』、78年にはミロとの詩画集『ミロの星と共に』を完成した。[永井信一]
『大岡信著『ミクロコスモス瀧口修造』(1984・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の滝口修造の言及

【実験工房】より

…1950年代に活動した日本で最初の総合的な芸術グループ。交遊をつづけていた,当時まだ20代前半の音楽家,美術家,技術者たちがグループを組織することを相談,詩人,美術批評家の滝口修造の命名で1951年11月に結成された。メンバーは作曲の武満徹,鈴木博義,湯浅譲二(のち一時,佐藤慶次郎と福島和夫が参加),ピアノの園田高弘,詩・評論の秋山邦晴,美術の北代省三,福島秀子,山口勝弘,駒井哲郎,写真の大辻清司,照明の今井直次,技術の山崎英夫。…

【シュルレアリスム】より

…20年代の後半に西脇順三郎らの紹介によって,若い詩人たちの間に関心が芽生え,《詩と詩論》などいくつかの雑誌が刊行された。しかし最初の本格的なシュルレアリスム的活動は,滝口修造による自動記述の実験(1929‐31)とブルトン著《シュルレアリスムと絵画》(1928)の翻訳(1930)である。とくに後者の,画家たちへの影響は大きかった。…

【前衛写真】より

…この当時〈前衛〉とよばれた写真家たちは,モンタージュコラージュ,多重露光,フォトグラムなどのテクニックを駆使して,幻想的な傾向の作品を生みだしたばかりではなく,安井仲治の写真のように強い主観性に根ざしたリアルでストレートな写真をも生み出していった。また東京では,当時は写真評論家としても指導的立場にあった美術評論家で詩人の滝口修造らを中心として,1938年(昭和13)に〈前衛写真研究会〉も設立されている。シュルレアリスムの紹介者でもある滝口修造は,幻想的・抽象的な傾向だけではなく,それと対立するようなストレートで記録的な写真の中にもそれに通底する新しい写真の表現を見ようとしていた。…

【美術批評】より

… 日本における美術批評的言説は,世紀末の岡倉天心や森鷗外の活動に始まり,1907年の文展開設以後のジャーナリズムに大きな位置を占める。1910年代の《白樺》による批評,20年代以降の前衛的な批評,わけても滝口修造(1903‐79)の1930年代,50年代の仕事,宮川淳(1933‐77)の60年代の仕事が,創造的な批評として特筆に値しよう。美術批評【阿部 良雄】。…

※「滝口修造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

滝口修造の関連キーワード中村渓男富山県立大学芸術批評・藝術批評児島喜久雄批評家評家慶応大富山県富山市五福富山県富山市本丸ペレス・デ・アヤラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

滝口修造の関連情報