加納秀夫(読み)かのう ひでお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加納秀夫 かのう-ひでお

1911-2003 昭和-平成時代の英文学者。
明治44年3月9日生まれ。昭和28年都立大(現・首都大学東京)教授,のち青山学院大教授。ワーズワースなどのロマン派詩人からエリオット,イエーツなどの現代詩人におよぶ幅ひろい領域を研究した。平成15年9月2日死去。92歳。広島県出身。東京帝大卒。著作に「イギリス浪漫派詩人」「危機と想像」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android