コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤かけい かとう かけい

美術人名辞典の解説

加藤かけい

俳人。名古屋生。少年の頃大須賀乙字師事、その歿後は高浜虚子に師事。実兄加藤霞村と名古屋ホトトギス会を結成したが、その後離脱して「天狼」に参加、同人となり「荒星」「環礁」を主宰。句集に『夕焼』『浄瑠璃寺』などがある。昭和58年(1983)歿、83才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

加藤かけいの関連キーワード加藤 かけい馬酔木

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android