コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤八郎太夫 かとう はちろうだゆう

1件 の用語解説(加藤八郎太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤八郎太夫 かとう-はちろうだゆう

1832-1867 幕末の武士。
天保(てんぽう)3年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。大番頭(おおばんがしら)から寺社奉行にすすむ。元治(げんじ)元年(1864)藩内抗争鎮圧のため藩主徳川慶篤の名代として水戸にむかった宍戸(ししど)藩主松平頼徳(よりのり)の命で藩主に状況を報告するため江戸にいく。幕命で拘束され,慶応3年5月5日獄死。36歳。名は直博。通称は別に四郎衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

加藤八郎太夫の関連キーワード岡崎熊吉(1)島村洲平白石内蔵進露木恒之進丹羽精蔵野村助作林五郎三郎御園紹元山内豊誉山川前耀

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone