コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤八郎太夫 かとう はちろうだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤八郎太夫 かとう-はちろうだゆう

1832-1867 幕末の武士。
天保(てんぽう)3年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。大番頭(おおばんがしら)から寺社奉行にすすむ。元治(げんじ)元年(1864)藩内抗争鎮圧のため藩主徳川慶篤の名代として水戸にむかった宍戸(ししど)藩主松平頼徳(よりのり)の命で藩主に状況を報告するため江戸にいく。幕命で拘束され,慶応3年5月5日獄死。36歳。名は直博。通称は別に四郎衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

加藤八郎太夫の関連キーワード天保

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android