加藤将之(読み)かとう まさゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤将之 かとう-まさゆき

1901-1975 昭和時代の歌人,哲学者。
明治34年7月3日生まれ。石井直三郎の指導をうけ,短歌結社の水甕(みずがめ)社にはいり,昭和34年主幹となる。文部省図書監修官,山梨大教授などを歴任。カント研究など哲学に関する著作もおおい。昭和50年6月9日死去。73歳。愛知県出身。東京帝大卒。歌集に「対象」「懐仁堂」,歌論に「斎藤茂吉論」「実存短歌の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android