コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井直三郎 いしい なおさぶろう

美術人名辞典の解説

石井直三郎

歌人。岡山県生。号は直樹、筆名は青木小四郎。六高を経て東大国文科出身。八高に赴任し以来名古屋に在り、中京国文学会を支配。尾上柴舟に師事、岩谷莫哀等と雑誌『水甕』を起し編輯経営に当り、莫哀歿後之を名古屋に移す。歌集『青樹』『徒然草新釈』あり。昭和11年(1936)歿、47才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井直三郎 いしい-なおさぶろう

1890-1936 大正-昭和時代前期の歌人。
明治23年7月18日生まれ。大正2年尾上柴舟(おのえ-さいしゅう)の「車前草」(第2次)に参加,3年「水甕(みずがめ)」の創刊にくわわる。9年八高教授。14年から「青樹」を主宰。加藤将之(まさゆき)らおおくの歌人をそだてた。昭和11年4月23日死去。47歳。岡山県出身。東京帝大卒。号は直樹。筆名は青木小四郎。著作に「徒然草(つれづれぐさ)新釈」など。
【格言など】山幾重夕山いくへ鳴かぬ鳥さびしき鳥の落ちて入る山(生地矢掛町の歌碑)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石井直三郎の関連キーワード山崎 敏夫加藤 将之安田青風富永 貢松田常憲加藤将之富永貢

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android