加藤常吉(読み)かとう つねきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤常吉 かとう-つねきち

1832-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)3年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士尊攘(そんじょう)派の池尻茂左衛門にまなぶ。文久3年(1863)藩命で京都におもむいた際,藩論佐幕に一変して召還されたがしたがわず,京都にとどまる。元治(げんじ)元年萩(はぎ)藩士とともに禁門の変に出陣,敗れて同年7月21日天王山で自刃(じじん)した。33歳。名は任重。変名は南竹男。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android