コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池尻茂左衛門 いけじり もざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池尻茂左衛門 いけじり-もざえもん

1802-1878 江戸時代後期の武士。
享和2年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。江戸で昌平黌(しょうへいこう),松崎慊堂(こうどう)の私塾にまなび,藩校明善堂の講師となる。尊攘(そんじょう)運動に奔走,文久3年(1863)七卿(しちきょう)落ちに同行し,幽閉される。のちゆるされ藩校教授となった。明治11年11月13日死去。77歳。本姓は井上。名は始(はじめ)。字(あざな)は有終。号は紫海,葛覃(かったん)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

池尻茂左衛門の関連キーワードドニエプロペトロフスク犯罪学光の科学史エジソン(アメリカの発明家)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)東京(都)おもなお雇い外国人青木夙夜グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone