コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤常賢 かとう じょうけん

2件 の用語解説(加藤常賢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤常賢 かとう-じょうけん

1894-1978 昭和時代の中国哲学者。
明治27年10月19日生まれ。従来の教義解釈の方法ではなく,漢字原義の研究を基礎に「支那古代家族制度研究」などを発表。広島文理大教授をへて昭和22年母校東京帝大の教授となる。37年二松学舎大学長。日本中国学会の初代理事長。昭和53年8月3日死去。83歳。愛知県出身。旧姓は早川。号は維軒。著作はほかに「老子原義の研究」「漢字の起原」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加藤常賢
かとうじょうけん
(1894―1978)

中国学者。中国古代文化の研究に民俗学・宗教学を導入した。愛知県の生まれ。原始宗教原始社会に関心を抱き、1920年(大正9)東京帝国大学文学部支那(しな)哲学科卒業後、中国古代の礼・家族制度を研究した。京城(けいじょう)帝国大学助教授となり、30~32年(昭和5~7)中国家族制度調査のため、北京(ペキン)に留学。やがて漢字研究の必要を感じて殷(いん)・周の甲骨文(こうこつぶん)・金文(きんぶん)の研究に着手。33年広島文理大学教授となり、45年被爆した。38年『支那古代家族制度研究』により文学博士となる。47~55年(昭和22~30)東京大学教授。49~58年日本中国学会の初代理事長。著書に『中国原始観念の発達』『漢字の起原』『真古文尚書集釈』『老子原義の研究』などがある。[池田知久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加藤常賢の関連キーワード高瀬惺軒阿藤伯海今田恵内田周平宇野精一加藤虎之亮楠本正継島田虔次山口察常《中国哲学史大綱》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone