コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤景朝 かとう かげとも

1件 の用語解説(加藤景朝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤景朝 かとう-かげとも

?-? 鎌倉時代の武士。
加藤景廉(かげかど)の子。伯父光員(みつかず)の伊豆(いず)狩野荘(静岡県)内の牧之郷の遺領をめぐり,嘉禎(かてい)元年(1235)弟の景義とあらそう。北条政子の発令した文書を証拠としてしめし,北条泰時からその領有をみとめられた。通称は判官。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone