加藤治郎(読み)かとう じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「加藤治郎」の解説

加藤治郎 かとう-じろう

1910-1996 昭和時代の将棋棋士。
明治43年6月1日生まれ。昭和8年山本樟郎(くすお)に入門し,とびつき3段。17年朝日番付戦で西横綱となる。20年8段。24年引退。53年名誉9段。日本将棋連盟会長を2度つとめる。三象子(さんぞうし)の筆名で観戦記を執筆,「ガッチャン銀」など戦法のユニークな命名で知られた。平成8年11月3日死去。86歳。東京出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android