加賀山之雄(読み)かがやま ゆきお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加賀山之雄 かがやま-ゆきお

1902-1970 昭和時代の官僚,政治家。
明治35年12月30日生まれ。運輸省鉄道総局長官をへて,昭和24年日本国有鉄道副総裁となる。同年変死した下山定則総裁の跡をうけて第2代総裁に就任。26年桜木町事故の責任をとり辞任。28年参議院議員(当選2回,自民党)。昭和45年8月7日死去。67歳。福井県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android