コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀山直三 かがやま なおぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加賀山直三 かがやま-なおぞう

1909-1978 昭和時代後期の演劇評論家。
明治42年7月1日生まれ。松竹演劇部,日本放送協会につとめ,戦後,評論活動にはいる。昭和41年国立劇場の初代制作室長となり,「菅原伝授手習鑑(てならいかがみ)」「桐一葉」などを演出した。のち調査室長。昭和53年1月26日死去。68歳。山口県出身。慶大卒。著作に「歌舞伎の視角」「歌舞伎の型」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

加賀山直三の関連キーワード日活(株)サーカス大場久美子伊藤博文スバルレオポルド2世渋谷哲平中井貴惠鮎川誠ANRI

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone