コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

助真 スケザネ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

助真 すけざね

?-? 鎌倉時代の刀工。
備前(岡山県)福岡一文字派。助成(すけしげ)の子という。のち相模(さがみ)(神奈川県)鎌倉山内にうつり「鎌倉一文字」の呼称もある。銘は「助真」。現存作のうち2口(ふり)が国宝。うち1口は日光東照宮蔵の徳川家康佩刀(はいとう)で,日光助真とよばれて有名。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すけざね【助真】

鎌倉時代の刀工。備前の人。福岡一文字派助房の子。惟康親王の命により鎌倉へ下向。鎌倉一文字派を興す。吉房・則房と並ぶ華麗な作風。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の助真の言及

【相州物】より

…相州鎌倉は1192年(建久3)源頼朝によって幕府が開かれてから栄えたが,刀工に関しては最古の刀剣書《観智院銘尽》に,すでに保元(1156‐59)ころ,沼間(逗子市)に三浦氏の鍛冶で〈三くち丸〉を作ったという源藤次(げんのとうじ),同じく〈あおみどり〉〈咲栗(えみぐり)〉を作ったという藤源次(とうげんじ)らがいたことが記されている。しかし,これらの刀工の作は現存せず,事実上は鎌倉中期に山城国粟田口派の国綱,備前国直宗派の国宗,一文字派の助真らが鎌倉に移住したことによって相州物の歴史は始まるといえる。だが,これらの刀工もそれぞれの派の伝統的な作風を継承するにとどまり,いわゆる相州伝といわれる特色ある作風を展開していくのは,国綱の子と伝える国光が出現してからである。…

※「助真」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

助真の関連キーワードメカニカルブースタターボ分子ポンプ拡散ポンプ真空ポンプ石井 昭房石井昭房惟康親王鎌倉時代日本刀ポンプ備前物相州物吉房作風則房助綱下向

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

助真の関連情報