コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

励起光 レイキコウ

デジタル大辞泉の解説

れいき‐こう〔‐クワウ〕【励起光】

蛍光体などの物質に励起を引き起こす光の総称。紫外線のほか、可視光X線が利用され、外部からの励起光のエネルギーを吸収して基底状態に戻るときに蛍光燐光を発する。励起光と放射される光(蛍光・燐光)はそれぞれ波長が異なり、一般に放射される光の波長の方が長い(ストークスの法則)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の励起光の言及

【光励起】より

…狭義には,ゼーマン副準位の分布数を,光を照射して変化させる方法(光ポンピング)を指す。また広い意味では,非線形散乱,光混合,光パラメトリック効果などの過程において,主たる入射光を励起光という。 二つのエネルギー準位W1,W2に共鳴する電磁波ħω=W2W1によって(ħはプランク定数を2πで割ったもの,ωは角振動数),それぞれの分布数N1,N2を有効に変化させるためには,単位時間当りに吸収される光子数が,緩和によって元の状態にもどる分子数より大きくなくてはならない。…

※「励起光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

励起光の関連キーワードストークスの法則(蛍光)フローサイトメトリーグッデン‐ポール効果二光子励起顕微鏡STED顕微鏡励起スペクトル分光蛍光光度計デシェンヌ効果デストリオ効果色素レーザーストークス線発光(生物)蛍光顕微鏡ストークスアンル効果ハンレ効果蛍光試薬モーナーPalm蛍光分析

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android