コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働の義務 ろうどうのぎむ

世界大百科事典 第2版の解説

ろうどうのぎむ【労働の義務】

勤労の義務ともいう。憲法は〈すべて国民勤労権利を有し,義務を負う〉(27条1項)と定める。労働権が国民の国に対する具体的な請求権を意味するものではないのと同様に,ここでいう労働の義務は,それによって国に,国民に対して,働くことを請求する権利が生ずるといったものではない。労働することを法律で強制することは特別の場合を除き憲法で禁止されている(18条)。そこで労働の義務とは国民が憲法で保障された権利を保持する責任があること(12条)を再確認したものであると同時に,人はすべからく働くべきであるという一種の精神規定と解される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

労働の義務の関連キーワード救貧制度三六協定修道院禁固刑労働日懲役雑徭

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

労働の義務の関連情報