コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働の義務 ろうどうのぎむ

1件 の用語解説(労働の義務の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ろうどうのぎむ【労働の義務】

勤労の義務ともいう。憲法は〈すべて国民は勤労の権利を有し,義務を負う〉(27条1項)と定める。労働権が国民の国に対する具体的な請求権を意味するものではないのと同様に,ここでいう労働の義務は,それによって国に,国民に対して,働くことを請求する権利が生ずるといったものではない。労働することを法律で強制することは特別の場合を除き憲法で禁止されている(18条)。そこで労働の義務とは国民が憲法で保障された権利を保持する責任があること(12条)を再確認したものであると同時に,人はすべからく働くべきであるという一種の精神規定と解される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

労働の義務の関連キーワード義務教育国民主権社会権民定憲法労働権徴兵制扶養義務兵役義務国民精神日本国憲法第二十五条

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

労働の義務の関連情報