勤労(読み)きんろう

精選版 日本国語大辞典「勤労」の解説

きん‐ろう ‥ラウ【勤労】

〘名〙
① (━する) 心身を労して仕事に勤めること。勤めにはげむこと。また、勤務の労苦。
※続日本紀‐天平一三年(741)二月戊午「詔曰、馬牛代人、勤労養人」
※集義和書(1676頃)三「或は勤労せしめ、或は遊楽せしむ」 〔春秋左伝‐襄公三一年〕
② 経済で、直接には物の生産に従事しないが、生産に不可欠の、または、生産に多大な効果をもたらす労力をいう。官吏、教師、医師などの労力の類。
※民法(明治二九年)(1896)一七〇条「医師、産婆及び薬剤師の治術、勤労及び調剤に関する債権」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「勤労」の解説

きん‐ろう〔‐ラウ〕【勤労】

[名](スル)
心身を労して仕事にはげむこと。
「共に王事に―せよ」〈藤村夜明け前
賃金をもらって一定の仕事に従事すること。「勤労学生」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android