勤労(読み)きんろう

精選版 日本国語大辞典「勤労」の解説

きん‐ろう ‥ラウ【勤労】

〘名〙
① (━する) 心身を労して仕事に勤めること。勤めにはげむこと。また、勤務の労苦。
※続日本紀‐天平一三年(741)二月戊午「詔曰、馬牛代人、勤労養人」
※集義和書(1676頃)三「は勤労せしめ、或は遊楽せしむ」 〔春秋左伝‐襄公三一年〕
② 経済で、直接には物の生産に従事しないが、生産に不可欠の、または、生産に多大な効果をもたらす労力をいう。官吏、教師、医師などの労力の類。
※民法(明治二九年)(1896)一七〇条「医師、産婆及び薬剤師の治術、勤労及び調剤に関する債権」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「勤労」の解説

きん‐ろう〔‐ラウ〕【勤労】

[名](スル)
心身を労して仕事にはげむこと。
「共に王事に―せよ」〈藤村夜明け前
賃金をもらって一定の仕事に従事すること。「勤労学生」
[類語]働く労働作動稼働起動仕事作業労作労務労役実働稼働働き勤務勤続勤め

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「勤労」の解説

【勤労】きんろう(らう)

つとめはたらく。〔書、無逸〕厥(そ)の母は稼穡勞せるに、厥の子は乃ち稼穡(かしよく)のを知らず、乃ち~曰く、昔の人は聞知する無しと。

字通「勤」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android