コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働災害防止協会 ろうどうさいがいぼうしきょうかい

1件 の用語解説(労働災害防止協会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働災害防止協会
ろうどうさいがいぼうしきょうかい

労働災害防止団体等に関する法律 (昭和 39年制定,47年改正) によって設けられた機関で,労働者の安全衛生に直接責任をもつ事業主の自主的な災害防止活動を促進させることを目的としている。労働災害の防止については労働基準法その他の関係法令などにより種々の措置がとられてきたが,産業構造が変化するのに伴い,多面的な措置を講ずる必要が生じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の労働災害防止協会の言及

【労働災害】より

…イギリスの工場法のように,一般的規定を含む労働安全衛生規則のほか,個別の危険についての防止策を規定している三つの規則がある(規則ではこのほか衛生関係のものが多い)。別に労働災害防止団体法(1964年公布の〈労働災害防止団体等に関する法律〉が72年〈労働安全衛生法〉の制定に伴い改正され,名称も改められたもの)があって,中央労働災害防止協会のほか,災害多発産業に業種別の労働災害防止協会をつくらせ,一定の安全のための事業を営むことを義務づけている。これらの協会は,すべて経営者中心の組織である。…

※「労働災害防止協会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

労働災害防止協会の関連情報