コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働移動支援助成金 ロウドウイドウシエンジョセイキン

デジタル大辞泉の解説

ろうどういどうしえん‐じょせいきん〔ラウドウイドウシヱン‐〕【労働移動支援助成金】

事業規模の縮小などにより離職を余儀なくされる労働者に対し、民間の職業紹介事業者に労働者の再就職支援を委託し再就職を実現させた中小企業事業主に給付される助成金再就職支援奨励金

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

労働移動支援助成金

失業を経ずに成熟産業から成長産業人材を移す目的で、転職希望者の再就職先を探したり、転職者を雇い入れたりする企業に給付される。2013年度に5億円だった予算額は、ピークの15年度には349億円に膨らんだ。現在は「再就職支援コース」など五つのコースがある。 助成金を受給した人材会社が企業の人員削減を指南していたとして問題視され、16年に支給要件が厳格化された。

(2017-12-19 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

人事労務用語辞典の解説

労働移動支援助成金

「労働移動支援助成金」とは、事業規模の縮小などにより離職を余儀なくされる労働者に対して、再就職支援を行った事業主に給付される助成金のことで、再就職支援給付金とも呼ばれます。厚生労働省は2014年度から、中小企業に支給する労働移動支援助成金の対象を大企業にも広げるなど同制度を大幅に拡充する方針で、現政権が掲げる「失業なき労働移動」を実現する雇用政策の柱として期待されています。
(2013/5/27掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

労働移動支援助成金の関連キーワード雇用制度改革解雇自由化

労働移動支援助成金の関連情報