コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勇敢な仕立屋 ゆうかんなしたてやDas tapfere Schneiderlein

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうかんなしたてや【勇敢な仕立屋 Das tapfere Schneiderlein】

グリム童話》20番の話。ちびの仕立屋がパンに群がるハエを布でたたくと7匹殺せたので,一打7匹と書いた帯をつくって町に向かう。大入道と出会い,力試しをし,だまして勝つ。宮殿の庭で寝ていると,一打7匹の帯を見た王に召し抱えられる。しかし武将たちにねたまれ,森の巨人退治を命じられるが,知恵で巨人たちを相打ちさせて倒す。次に森の一角獣を倒すこと,第3に猪を倒すことを命じられて,知恵で成功する。王はやむなく約束どおり王女と結婚させるが,仕立屋が寝言でズボンをつくろえなどと言うので,正体が暴露されそうになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android