コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動物地理区 ドウブツチリク

百科事典マイペディアの解説

動物地理区【どうぶつちりく】

動物相を比較して,他と区別できる特徴ある動物相をもつ区域をいう。現在では,ユーラシア大陸を旧北区,北米を新北区アフリカエチオピア区,インド・南アジアを熱帯区,オーストラリアと太平洋諸島をオーストラリア区とするのが一般的である。
→関連項目マカッサル海峡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どうぶつちりく【動物地理区 faunal region】

動物の地理分布,すなわち各地の動物相は,大陸,島嶼(とうしよ)配置,気候帯,環境などの地史的要因に規制されるが,そういった動物相の特徴を基にした地理的区分。現在では,ヨーロッパ,アジアとアフリカを含めて旧世界,南北アメリカは新世界と呼び,ユーラシア大陸は旧北区,北アメリカは新北区,両者を合わせて全北区とし,アフリカはエチオピア区,インド,南アジアは東洋区,南アメリカは新熱帯区,オーストラリアは太平洋諸島を含めてオーストラリア区と呼ぶのが一般的である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

どうぶつちりく【動物地理区】

大陸や島などを、他の地域と区別のできる特徴のある動物相をもつ地域に分けたもの。ウォーレスらによる旧北区・新北区・エチオピア区・東洋区・新熱帯区・オーストラリア区という区分が用いられていたが、後に全北区・旧熱帯区・新熱帯区・大洋区・オーストラリア区の区分法がとられるようになった。動物区。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動物地理区
どうぶつちりく

動物区」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

動物地理区
どうぶつちりく

動物区系地理学では、世界の陸地を現在の動物相の系統分類学的な異同に基づいて動物地理区に区分する。おもに基準にとられるのは哺乳(ほにゅう)類と鳥類であるが、場合により爬虫(はちゅう)類や両生類、淡水魚類を加えることもあり、また昆虫類に基づくこともある。一般に、1857年にスクレーターP. L. Sclaterが鳥類の分布から提案し、1876年にワラスA. R. Wallaceが陸生動物の分布状態に基づいて大成した区分が基礎とされており、近年の総説としては、脊椎(せきつい)動物全般に基づくダーリントンP. J. Darlingtonの著書(1957)がある。もっとも基本となるのは区regionで、その設定にはおもに科、もしくはそれより上位の分類群が用いられ、固有群の有無やそれが動物相で占める割合などが分類の基準とされる。区の上位に最高次の分類段階として界realmがあり、その下位には亜区subregionや地方provinceが設けられる。
 地理区の分類の仕方には研究者によって若干の違いがあるが、次のように、三界六区に分けるのが一般的である。まず、世界の陸地は南界(オーストラリア)、新界(南アメリカ)、北界(ユーラシア、アフリカ、北アメリカ)の三界に大別される。次に南界はオーストラリア区、新界は新熱帯区、北界はエチオピア区、東洋区、旧北区、新北区に分けられ、これらの六区はそれぞれがいくつかの亜区に分割される。旧北区と新北区をあわせて全北区一区とし、両者をその亜区とする場合もある。また、東洋区とエチオピア区をあわせて旧熱帯区と称する場合もある。亜区のなかではオーストラリア区に含まれるニュージーランド(独立の区とする見解もある)と、エチオピア区に含まれるマダガスカルの固有度が強い。海洋島のなかにも、ハワイ諸島、ガラパゴス諸島などの特徴的な生物相を擁する島々があるが、地理区分上の扱いには諸説がある。また、南極圏は南界に、北極圏は北界に含まれるが、これらを独立の区とするか、亜区とするかといった点については定説がない。地理区の境界には推移帯が認められることもあり、なかでもセレベス(スラウェシ)島、モルッカ諸島、およびロンボク島以東の小スンダ列島を含む地域は、ワラセアとよばれ、東洋区とオーストラリア区との推移帯として著名である。また、メキシコ南部から中央アメリカに至る地域も、新北区と新熱帯区の推移帯として知られている。
 動物地理区を分割するおもな要因は、動物の移動を妨げる過去および現在の地理的な障壁の存在と気候の違いである。上位の地理区の分類は主として地史を反映しており、下位になるにつれて気候や植生といった生態的な要因の影響が強くなる。六地理区のうち、オーストラリア区(南界)と新熱帯区(新界)は固有な動物群を多く含む独自の動物相を擁するが、それは、これらの大陸がほかの大陸から長期にわたって地理的に隔離されていたためである。逆に、現在はベーリング海峡によって隔てられている旧北区と新北区は、しばしば全北区として一括されるほど動物相に共通性があるが、これはこの二地域がごく最近まで地続きだったことによる。一方、北界の四区のなかでは旧北区と新北区、エチオピア区と東洋区の共通性が多く、南北方向での動物相の分化がみられるが、これは山脈や砂漠といった地理的な障壁の影響もあるが、それよりも熱帯と温帯という気候的な要因によるところが大きい。極地の動物地理区分上の扱いがまちまちなのも、気候的な条件の制約によって、著しく貧困な動物相しかもっていないことによる。動物群が違うと地理区の設定の仕方が異なることがあるが、動物群ごとに移動や分散の能力や、進化のスピードなどに違いがある以上、このような差異は当然であり、特定の地理区分体系や、境界線の位置を絶対視するべきではない。[片倉晴雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の動物地理区の言及

【生物地理区】より

…各地の生物相の特徴を基にした地理的区分。動物,植物,さらにその分類群によって多少異なり,一般に動物の場合は動物地理区,植物の場合は植物区系と呼ばれる。古典的には分類学に基づき分類地理学的な区分がなされたが,近年では生態学的要素も考慮されるようになってきた。…

※「動物地理区」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

動物地理区の関連キーワードドービニー(Alcide Dessalines D'Orbigny)ニュージーランド亜区オーストラリア亜区マラガシー亜区エチオピア亜区ブラキストン線カリブ亜区パプア亜区新熱帯亜区朝鮮海峡線動物地理学生物地理学生物地理区植物区系蜂須賀線旧北亜区東洋亜区北極亜区南極亜区新北亜区

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android