コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動物極 どうぶつきょくanimal pole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動物極
どうぶつきょく
animal pole

多細胞動物の卵細胞極体を生じる場所。植物極に対する語。発生初期の胚で,これに相当する部に対しても用いる。一般に,動物極には卵黄量が少く,卵黄は原形質に比べて比重が大きいため,動物極が上,植物極が下になる。卵の赤道面を境として動物極側の半球を動物半球と呼び,この区域は多くは外胚葉を形成する。また動物極域は,活動的原形質量が比較的多く,これに応じて酸素消費量,酸化還元能などが他の部域より高い値をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どうぶつ‐きょく【動物極】

減数分裂のとき、極体が放出される部分。卵軸上の卵黄の比較的少ない一端。→植物極

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうぶつきょく【動物極】

多細胞動物の卵細胞で極体を生ずる部分。また、発生初期の胚でこれに該当する部分。一般には卵黄が少なく、多くの場合、外胚葉を形成する。 ⇔ 植物極

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動物極の関連キーワード卵(らん)原腸胚部分割端黄卵原口胞胚卵割極性盤割胚盤等割

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android