コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勘事 コウジ

1件 の用語解説(勘事の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こう‐じ〔カウ‐〕【勘事】

《「かんじ」の音変化》
とがめて遠ざけること。また、不興を買って、遠ざけられること。
「年月の―なりとも、今日の参りには許されなむ」〈かげろふ・中〉
拷問。
「はりつけて、七十度の―を経ければ」〈宇治拾遺・二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勘事の関連キーワードかんじ縒りかんじん縒り敬して遠ざけるこっちゃ御覧じゃるたあ団亀長雨考ふ良か