不興(読み)ふきょう

精選版 日本国語大辞典「不興」の解説

ふ‐きょう【不興】

〘名〙 (形動) (「ぶきょう」とも。その場合は「無興」とも表記)
① (━する) のさめること。おもしろくないこと。しらけること。また、そのさま。
愚管抄(1220)四「あまりに何もかも一つ御事にて、無興なるほどなれば」
太平記(14C後)一三「旨酒高会も無興(ブケウ)して、の日の御遊はさて止みにけり」
② (━する) 機嫌を悪くすること。機嫌が悪いこと。また、そのさま。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「ふけうしたてまつりて、こもりをりてこひかなしび」
主君父母の機嫌をそこね勘気を蒙ること。勘当を受けること。
※大観本謡曲・巴(室町末)「主従三世の契り絶え果て、永く不興と宣へば」
④ つれないこと。無愛想なこと。かわいがらないこと。また、そのさま。
※浄瑠璃・平家女護島(1719)一「あづまやが思はく余り不興(フケウ)ととどむる折から」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「不興」の解説

ふ‐きょう【不興】

[名・形動]《「ぶきょう」とも。その場合は「無興」とも書く》
興味がなくなること。しらけること。また、そのさま。興ざめ。「座が不興になる」
機嫌が悪いこと。特に目上の人の機嫌をそこなうこと。また、そのさま。「不興を招く」「不興を買う」
親・主君など、目上の人の怒りに触れてとがめを受けること。勘当を受けること。
「親に―せられしが」〈古活字本保元・中〉
[類語](1散文的素っ気ない無機的無風流味気あじけないつまらない興醒きょうざ興醒きょうざまししらけるつや消し色消ししらじらしいぞっとしない鼻白む無味無味乾燥無趣味没趣味索然砂を噛むよう/(2迷惑おこいか憤る八つ当たりいじけるひねくれるすねるひがむねじけるねじくれるふくれる気色けしきばむむくれるむかつくむかっとむかむかむっとむしゃくしゃむらむらくしゃくしゃ不快不愉快不機嫌憮然仏頂面虫の居所が悪い風向きが悪い胸糞が悪い・けった糞が悪い・気を悪くするつむじを曲げるはらわたが煮え返る臍を曲げる・怒り付ける・怒り狂う腹立つ腹が立つ小腹が立つ向かっ腹が立つ・腹を立てる怒り心頭に発するまがまがしいいまわしいいとわしいおぞましいうとましい忌む嫌い毛嫌い大嫌い食わず嫌いいけ好かない虫が好かないいや気に食わない犬も食わぬ憎い憎らしい憎たらしい憎憎しい苦苦しい腹立たしいいまいましい苦虫を噛み潰したよう苦り切る眉をひそめる鼻持ちならないうとむうとんずる嫌気忌避忌み嫌う煙たがる呪わしいきしょい気色が悪い気味が悪い気味悪い底気味悪い薄気味悪い鳥肌が立つ気持ち悪い虫唾むしずが走る反吐へどが出るきもいグロいおどろおどろしい不気味鼻に付くうっとうしい薄ら寒いうそ寒い胸が悪い心外苛立たしいうらめしいしかめっ面渋面しぶつらしかめるひそめるひそみ顰蹙ひんしゅく苦る辟易うるさい嫌がる嫌気が差すいと蛇蝎視だかつし唾棄倦厭けんえん身の毛がよだつ総毛立つ背筋が寒くなる背筋が凍るぞっと肌にあわを生じる冷汗三斗

ぶ‐きょう【不興/無興】

[名・形動]ふきょう(不興)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android