コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不興 フキョウ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐きょう【不興】

[名・形動]《「ぶきょう」とも。その場合は「無興」とも書く》
興味がなくなること。しらけること。また、そのさま。興ざめ。「座が不興になる」
機嫌が悪いこと。特に目上の人の機嫌をそこなうこと。また、そのさま。「不興を招く」「不興を買う」
親・主君など、目上の人の怒りに触れてとがめを受けること。勘当を受けること。
「親に―せられしが」〈古活字本保元・中〉

ぶ‐きょう【不興/無興】

[名・形動]ふきょう(不興)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

不興の関連キーワードハンプトンコートパレスサンチョ7世(強力王)カンバーランド(公)ミーラー・バーイーわが命つきるともボニファティウスシュプランガーエウトロピウスネクタネボ2世ベッサリオンエセックス伯エウドクシアエル・シッドサン・シモン不興・無興コンサルビフェッシュ加々爪直澄佐久間勝茲愛の技術

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不興の関連情報