勘状(読み)カンジョウ

大辞林 第三版の解説

かんじょう【勘状】

考えた結果を記した書面。 「法家の-にまかせて、死罪一等を減じて/平家 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐じょう ‥ジャウ【勘状】

〘名〙
① 占い、または調査などによって考えたことを書きしるした文書。勘文(かんもん)
※小右記‐寛弘二年(1005)一一月一五日「諸卿一同申依法家勘状可行由」
※車屋本謡曲・殺生石(1503頃)「あべの康成うらなって、勘状に申すやう」
※日葡辞書(1603‐04)「Canjǒ(カンジャウ)。カンガエ アラワス。すなわち、ヒトヲ ホウビスル フミ」
※わらんべ草(1660)一「萩原殿にて伝授仕り、御印可、御勘状まで取申候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の勘状の言及

【勘文】より

…〈勘〉はかんがえるの意。勘状,勘注あるいは注進状ともいい,先例を上申したものは勘例ともいう。勘文の内容はきわめて多種類にわたるが,おおむね朝廷の諸事は太政官の外記と史が,日時・方角については陰陽道,日・月食の時刻は暦・算・宿曜道の諸家が,改元の年号は儒家が,犯罪人の量刑については法家が勘申した。…

※「勘状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android