コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感状 かんじょう

6件 の用語解説(感状の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

感状
かんじょう

主君などが部下の戦功を賞して出した文書。のちに恩賞要求のときの証拠となり,また家門の名誉を誇示するため大切に保存された。室町時代以降に多く出された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かん‐じょう〔‐ジヤウ〕【感状】

戦功のあった者に対して、主家や上官が与える賞状。中世では、多く知行(ちぎょう)を与える旨を記した書状をさした。感書(かんじょ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

感状【かんじょう】

合戦参加の武将の功を賞して出される文書。感書・御感書とも。戦功の証明書ともいえるもので,武家時代を通じて発給された。発給者本人が直接出す直(じき)状で,書下(かきくだし)形式のものが多かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんじょう【感状】


[中世]
 武家社会において,合戦に参加し功労のあったものに対し,大将がその戦功を賞するために発給する文書。おおむね永続的効力を付与する。鎌倉時代末よりみられ,南北朝時代より戦国時代にかけて多く存在する。差出者が将軍級の人であるときは御教書(みぎようしよ)を用いまた奉書のときもある。守護大名では直状(判物)を,戦国大名は印判状を用いるのが普通である。いずれも文言の終りに〈軍忠尤神妙可有恩賞〉〈尤以神妙也 可抽賞之状〉〈弥可抽戦功之 可有抽賞之状〉のごとくあって〈仍如件〉〈如件〉で結び,年月日を記し,日下に花押を据える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんじょう【感状】

戦功をたたえて司令官が与える賞状。 「 -上聞に達する」
武将が家臣の軍忠を認めて発給する文書。所領安堵などの証拠文書となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

感状
かんじょう

武将が戦功のあった者に対して与える賞状。『日葡(にっぽ)辞書』では、canjは人を褒美する文、すなわち、ある人を称賛する書状と訳している。南北朝時代以後に多く、御教書(みぎょうしょ)、御内書(ごないしょ)、判物(はんもつ)、朱印状(しゅいんじょう)、黒印状(こくいんじょう)などの形式をとった。形状は一定せず、折紙(おりがみ)、竪紙(たてがみ)もあるが、切紙(きりがみ)の場合が比較的多い。小形の切紙を用いたりしたのは、戦闘の間に、ときには陣中で授与されたりしたことによるためと考えられている。文書は具体的な戦功を記して「比類なきの働き、神妙の至り」と賞したのち、「弥(いよいよ)忠節を励むべし」といったことばで結んでいる。具体例をあげると、比較的早い時期のものとして1333年(元弘3・正慶2)の阿曽沼治時(あそぬまはるとき)感状(折紙)がある。これは、関東方の大将阿曽沼治時が河内千早(かわちちはや)城の楠木(くすのき)氏を攻めたとき、参戦した和泉(いずみ)国御家人(ごけにん)和田(にぎた)中次に与えたものであるが、それには「野臥(のぶせり)合戦を致し、頸(くび)を取り了(おわん)ぬ、尤(もっと)も神妙候」と、敵の首をとった戦功を賞している。室町時代の例としては1429年(永享1)鎌倉公方(くぼう)足利持氏(あしかがもちうじ)の感状がある。これは小野崎越前(えちぜん)三郎にあてたものであるが、三郎の父が合戦で討ち死にしたことを賞したもので、御感(ぎょかん)の御教書とよばれている。[黒田弘子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

感状の関連キーワード清水三渓初参社会組織当道領主権徒同心公家法相馬農充行(宛行)軍功書

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

感状の関連情報