コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立正安国論 りっしょうあんこくろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立正安国論
りっしょうあんこくろん

日蓮著。1巻。文応1 (1260) 年成立。日蓮の代表的著作である五大部の一つ。当時しきりに起きた天変地異は,浄土教などの邪法弘通によるとして排斥し,諸経,諸宗を『法華経』のもとに統一して正法を広めるべきことを主張した書。先に国家を祈ってのち仏法を立てるとして,安国に重点をおく客 (俗) が,正法の確立によって国が安泰になるとする主人 (僧) に次第に導かれてゆく対話形式で書かれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りっしょうあんこくろん〔リツシヤウアンコクロン〕【立正安国論】

鎌倉時代の仏教書。1巻。日蓮著。文応元年(1260)成立。執権北条時頼呈上。当時の天変地異を法華経にそむいた結果と断じ、正法すなわち法華経を信じなければ安国にならないと、問答体で述べたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

立正安国論【りっしょうあんこくろん】

鎌倉時代の仏書。1巻。1260年日蓮撰。《安国論》とも。打ち続く天変地異と社会不安について思索した結果,正法(しょうぼう)である《法華経(ほけきょう)》に帰することによって,国が安泰になると確信して書かれたもので,北条時頼(ほうじょうときより)に提示された。
→関連項目妙蓮寺

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りっしょうあんこくろん【立正安国論】

日蓮の代表的著作の一つ。《安国論》と略称する。1260年(文応1)撰述したが,その自筆本はなく,1269年(文永6)これを書写浄書したと思われるものが千葉県中山法華経寺に所蔵され国宝になっている。さらにのちこれを増補して広本とよばれる一本が京都本圀(ほんこく)寺に現存する。1250年代,東国に地震,大風,大雨,飢饉疫病等災害が続出,多くの人びとが死に,病み,飢えに苦しんだ。鎌倉にいた日蓮はこうした状況のなかで,災害続出の原因とその対策とを考え,先に《守護国家論》を述作,これにもとづき《安国論》を撰述した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りっしょうあんこくろん【立正安国論】

日蓮の著。一巻。漢文の問答体。1260年に成り、執権北条時頼に上呈。法華経こそ唯一の正法であり、それを立てることによってのみ国家社会の安穏は得られるとし、特に浄土宗を鋭く攻撃した。安国論。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立正安国論
りっしょうあんこくろん

鎌倉時代の仏書。1260年(文応1)日蓮(にちれん)39歳の著作。一巻。略称して『安国論』ともいう。日蓮真筆は1269年筆のものが千葉県市川市中山法華経(ほけきょう)寺に現存。原漢文で、旅客と主人との10番の問答からなる。当時、鎌倉では天変地異が打ち続いたが、1257年(正嘉1)8月の大地震はことに激烈を極め、住民の困苦甚だしく、日蓮はまる3年をかけて、災難の原因と災難退治の方法とを仏書に求め(伝説では静岡県岩本実相寺(いわもとじっそうじ)の経蔵にて研究)、前執権の北条時頼(ときより)に上呈した。題名は、正法(しょうぼう)を建立して国土を安穏にするという意味である。正法に対する邪法には法然(ほうねん)(源空)の念仏をあげているが、そこに現世を厭離(おんり)して来世の極楽往生(ごくらくおうじょう)を欣(ねが)うことに末代の宗教の役割があるのではなくて、この穢土(えど)を仏国土化しようと発菩提心(ほつぼだいしん)することのたいせつさを訴える主張がみられる。国家諫暁(かんぎょう)の書であるため、結論に達するための経過の説明に乏しく、前年に発表された『守護国家論』を併読するとよい。『安国論』の献上は、本論の諫暁の趣旨が、かえって幕府の反感を買い、以後は絶えず幕府などの迫害を受けることになった。しかし迫害により日蓮の立正の情熱はいっそう高まり、法華経体験は深まったので、本論は日蓮の宗教の出発点として尊重され、三大著作の一つに数えられる。[浅井円道]
『鈴木一成著『日蓮聖人正伝』(1948・平楽寺書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の立正安国論の言及

【鎮護国家】より

…摂関政治・院政期には鎮護国家の概念に代わって,むしろ王法仏法(王法)の観念が強まってくるが,鎌倉時代には禅宗,日蓮宗の勃興とともに仏法による護国論が提起された。栄西は《興禅護国論》を著して禅院の建立は国家を守護し民衆を利するものとし,道元は永平寺を建立してこれを実践したし,日蓮は《立正安国論》《守護国家論》を著した。1338年(延元3∥暦応1)から足利氏が諸国に設けた安国寺は,〈安国利生〉に基づく創建で,これも南北朝動乱の終焉を祈るとともに国家の安寧平和を目的としたものであった。…

【日蓮】より

…天台寺院清澄寺で道善房を師として出家し,1253年(建長5)同寺で法華信仰の弘通(ぐづう)を開始,法華仏教至上の立場から浄土教を批判したため,浄土教徒に圧迫され同寺を退出,弘通の場を鎌倉に求めた。そのころ地震,疫病,飢饉等災害が続出し,日蓮はこの原因を法然浄土教の流布と人々の法華信仰の棄捨によるものとし,浄土教徒への資援禁止と法華信仰への回帰を対策として,これを《立正安国論》にまとめ,60年(文応1)前執権で北条氏得宗(とくそう)の北条時頼に提示した。同書には,このまま放置すれば経典が指摘する自界叛逆(ほんぎやく)難(内乱)と他国侵(しんぴつ)難(侵略)が起こるだろうと記され,のちに後者が蒙古襲来の予言として受けとめられた。…

【仏教】より

…日蓮は《法華経》だけを唯一の正法と認め,この《法華経》の眼目が〈南無妙法蓮華経〉の題目であるとし,《法華経》への唯一絶対の信心をもとに,専持法華と唱題だけで,すべての人びとが差別なく成仏できると説いた。しかも日蓮は,彼岸での救済よりも,主著《立正安国論》で明示したように,正しい仏法が興隆すれば国土の災害除去は可能であると,現実国土の世なおしや現世での救済を重視し,この教説における強靱な現世性がこの宗派の特色となった。 以上述べたように,浄土宗・浄土真宗・時宗・日蓮宗は,それぞれ教説に特色をもつが,その反面でいくつかの共通点ももっていた。…

※「立正安国論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

立正安国論の関連キーワード竜口(神奈川県)中山(千葉県)千葉県市川市本阿弥光悦立正治国論日蓮上人安国論寺鎌倉時代日蓮宗浄土宗市川市本圀寺預言者下総国安国寺三大部法語勘状日興一巻

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android