勘申(読み)かんじん

精選版 日本国語大辞典「勘申」の解説

かん‐じん【勘申】

〘名〙 (「かんしん」とも) 平安以降、朝廷儀式などに必要な先例典故を調べたり、行事の日時などを占い定めたりして報告すること。勘進(かんしん)
※三代格‐四・天長五年(828)一一月二五日「年中勘申諸司諸国不与解由状、殆及百巻

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「勘申」の解説

かん‐じん【勘申】

《「かんしん」とも》朝廷で、儀式や行事などの先例、典故、日時、吉凶などについて上申すること。勘進かんしん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例