典故(読み)テンコ

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐こ【典故】

〘名〙
① 先例。よりどころとすべき故実。
※正法眼蔵(1231‐53)無情説法「一切説法無情なる道理によりて、無情説法なり、いはゆる典故なり」 〔後漢書‐東平王蒼伝〕
典拠として踏まえられた故事。
※煙管(1916)〈芥川龍之介〉三「煩雑な典故を尚んだ、殿中では」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android