コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勘解由小路韶光 かでのこうじ あきみつ

美術人名辞典の解説

勘解由小路韶光

資忠の男、実は烏丸光雄の男。一字名林。権大納言正二位。別に朴所として族を分ちて居を郊西平野に築し、時に儒流を招きて詩文を作り自ら楽しんだと云われる。享保14年(1729)歿、67才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勘解由小路韶光 かでのこうじ-あきみつ

1663-1729 江戸時代前期-中期の公卿(くぎょう)。
寛文3年2月8日生まれ。烏丸(からすまる)光雄の子。参議勘解由小路資忠(すけただ)の養子となる。参議,権(ごんの)中納言をへて享保(きょうほう)9年(1724)正二位,権大納言。享保14年5月11日死去。67歳。号は朴所。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android