教信(読み)きょうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

教信 きょうしん

?-866 平安時代前期の僧。
奈良興福寺法相(ほっそう)宗をまなぶが,学問をすてて播磨(はりま)(兵庫県)の賀古(かこ)に隠棲(いんせい)。里人にやとわれて暮らしをたて,妻帯し,かつ念仏に専念するという非僧非俗の生活をおくった。のち親鸞(しんらん)や一遍らの浄土思想家に注目され,理想の念仏聖(ひじり)として敬慕された。貞観(じょうがん)8年8月15日死去。通称は阿弥陀丸(あみだまる)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

教信

没年:貞観8(866)
生年:生年不詳
平安前期の念仏聖。播磨国賀古郡賀古駅(兵庫県加古川市)に草庵を結び,妻帯して,一生の間昼夜も休まず念仏した。人々は彼を阿弥陀丸と呼んだ。死没の当日,摂津国(大阪府)勝尾寺の僧勝如 のもとに現れ,自身と勝如の極楽往生を予告したという。彼の一心不乱の念仏は,後世,親鸞や一遍などの専修念仏(ひたすら念仏をとなえる)の僧侶によって注目され理想の念仏聖とされた。往生伝や『今昔物語』をはじめとする説話集や謡曲『野口判官』などの文芸作品に多く取り上げられたが,その実像は不鮮明である。<参考文献>『日本往生極楽記』,平林盛得「沙弥教信説話の変貌」(『歴史教育』14巻9号)

(小原仁)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうしん【教信】

?‐866(貞観8)
平安初期の念仏行者。後世の伝では京都の人。光仁天皇後裔とも伝え,興福寺で出家し,諸国を巡歴したというが,いっさい不明。播磨国賀古郡賀古駅の北に草庵を結び,在俗の沙弥(しやみ)として妻子を養い,村人に雇われて生活した。西方浄土を念じて日夜念仏を怠らず,村人は〈阿弥陀丸〉と呼んだ。死の前夜,摂津国勝尾寺の座主勝如のもとへ教信が訪れ,本日極楽へ往生すること,勝如は明年の同月同日に往生すると予告したので,弟子を遣わして尋ねたところ,はたして教信は死んでおり,遺骸は犬が群がって食べていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の教信の言及

【源義経】より

…この衣川合戦は幸若舞《高館(たかだち)》などにも記されている。伝説によっては,衣川合戦に義経は戦死せず,合戦に敗れ味方がことごとく討死した後,鞍馬の大天狗に助けられ,空を飛ぶ乗物で播磨国野口の里に飛来し,入道して教信上人と号し教信寺を建立したという(能《野口判官》など)ものもあり,蝦夷島に渡ってその地を征服し,オキクルミ大王と仰がれ,後には神としてまつられた(《続本朝通鑑》など)とするものがあり,東北から北海道にかけて義経神社などが多く,青森県東津軽郡三厩(みんまや)村には,ここから義経が蝦夷島に渡ったとする伝説がある。また,義経やその家来にまつわる伝説は諸国に数多くある。…

※「教信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android