コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝山方教 かつやま まさのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝山方教 かつやま-まさのり

1861-1921 明治-大正時代の歌人。
文久元年8月14日生まれ。尾高高雅,黒田清綱にまなぶ。明治29年前橋市助役となる。42年大日本歌道奨励会群馬支部を設立。大正10年12月16日死去。61歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。通称は牧次郎。号は橘園。著作に「橘園歌集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

勝山方教の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))帰山教正日本の医学史(年表)ヴェナイトドキュメンタリー映画炭酸塩岩脈文久サルデーニャ王国ドストエフスキーオセアニア史(年表)

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android