コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾高高雅 おだか たかまさ

美術人名辞典の解説

尾高高雅

幕末・明治の前橋藩士・歌人。佐渡相川生、上野前橋住。堀口弥右衛門の子。通称市太郎・富太郎・富蔵・俊蔵・俊助、号は梔園・群鶴楼主人。清水浜臣清水光房大江広海に師事。国学・和歌・松花堂風の書を能くした。郡奉行・小参事等を務める。明治20年(1887)歿、76才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾高高雅 おだか-たかまさ

1812-1887 江戸後期-明治時代の歌人。
文化9年6月8日生まれ。江戸で清水浜臣(はまおみ)に,京都で大江広海(ひろみ)に師事。武蔵(むさし)川越藩(埼玉県)に歌道でつかえる。藩主の上野(こうずけ)前橋転封(てんぽう)にしたがい,のち郡奉行,権(ごんの)参事もつとめた。明治20年6月2日死去。76歳。佐渡(新潟県)出身。本姓は堀口。通称は俊助,富太郎。号は梔園(しえん)。歌集に「梔園詠草」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尾高高雅の関連キーワード勝山 方教松平斉典松平建子勝山方教松平健子

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android