コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田清綱 くろだ きよつな

3件 の用語解説(黒田清綱の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

黒田清綱

官僚・歌人。薩摩藩士黒田清直の子、黒田清輝の養父。八田知紀に和歌を学び、滝園社を開き子弟を教育した。元老院議官枢密顧問官。大正6年(1917)歿、88才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くろだ‐きよつな【黒田清綱】

[1830~1917]政治家・歌人。鹿児島の生まれ。清輝(せいき)の養父。幕末の王政復古運動に奔走。和歌に秀で、明治大正天皇の和歌の師。貴族院議員・枢密顧問官。著「滝園歌集」。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田清綱 くろだ-きよつな

1830-1917 明治時代の官僚,歌人。
文政13年3月21日生まれ。黒田清輝の養父。東京府大参事,元老院議官などをへて明治33年枢密顧問官となる。和歌を八田知紀(とものり)にまなび,宮内省歌所所長もつとめた。貴族院議員。子爵。大正6年3月23日死去。88歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。通称は新太郎,号は滝園。歌集に「滝園歌集」「滝のしぶき」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の黒田清綱の言及

【黒田清輝】より

…本名は〈きよてる〉と読む。薩摩藩士黒田清兼の長子として鹿児島に生まれ,伯父黒田清綱(1830‐1917)の養子となり,1872年(明治5)上京。清綱は元老院議官,歌人としても知られた。…

※「黒田清綱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone