コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝山琢眼 かつやま たくがん

2件 の用語解説(勝山琢眼の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

勝山琢眼

江戸後期の狩野派の画家。琢舟の子。名は仲起、別号に鶴嶺子。父に画法を学び、法眼に叙せられる。春日絵所となった。特に仏画に優れる。文政7年(1824)歿、78才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝山琢眼 かつやま-たくがん

1747-1824 江戸時代中期-後期の画家。
延享4年生まれ。勝山琢舟の子。狩野派。父にまなび,仏画や古画の模写を得意とした。法眼(ほうげん)。文政7年9月17日死去。78歳。本姓は安倍。名は仲起。別号に鶴嶺子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

勝山琢眼の関連キーワード羅城笠井魚路九鬼隆張交寛美後藤清乗(4代)桜井秋山佐藤就正三鍼清水曲河樗雲

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone