コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝扇子 かちおうぎ

世界大百科事典 第2版の解説

かちおうぎ【勝扇子】

写本1巻。1708年(宝永5),江戸に下った京都の興行師小林新助が,薩摩小源太一座の人形浄瑠璃を房州で興行したところ多数の賤民に襲われ,芝居を取りつぶされた。小源太らはただちに訴訟を起こし,芝居に携わる者は賤民に属するか否かをめぐって吟味が重ねられた末,同年6月〈歌舞伎役者は則神楽として之在り候,又人形浄瑠璃も賤敷者にて之無く……此度房州に於てえた徒党致候段,近頃不届〉との判決が下された。新助をはじめ芝居の人びとは,これを公的な身分保証と受け取って喜んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

勝扇子の関連キーワードルニャールダオメー王国ダオメー王国マゼーパフリードリヒ2世和算和算と算額堀場製作所伊藤坦庵お染久松