コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝扇子 かちおうぎ

1件 の用語解説(勝扇子の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かちおうぎ【勝扇子】

写本1巻。1708年(宝永5),江戸に下った京都の興行師小林新助が,薩摩小源太一座の人形浄瑠璃を房州で興行したところ多数の賤民に襲われ,芝居を取りつぶされた。小源太らはただちに訴訟を起こし,芝居に携わる者は賤民に属するか否かをめぐって吟味が重ねられた末,同年6月〈歌舞伎役者は則神楽として之在り候,又人形浄瑠璃も賤敷者にて之無く……此度房州に於てえた徒党致候段,近頃不届〉との判決が下された。新助をはじめ芝居の人びとは,これを公的な身分保証と受け取って喜んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

勝扇子の関連キーワード梅岑宗点宝永通宝礼儀類典十文銭大和俗訓宇田川玄中酒井忠相伝長松浦邑楽々鶴

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone