コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝沼ます かつぬま ます

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝沼ます かつぬま-ます

1838-1913 幕末-明治時代,勝沼精之允(せいのじょう)の妻。
天保(てんぽう)9年生まれ。明治元年夫が戊辰(ぼしん)戦争で幕府方にかかわった責任をとって自決したため,実家預けとなり,寺子屋式の塾をひらく。8年山形県明新学校の教師となった。のちに医学者となる孫の精蔵の養育につくした。大正2年2月7日死去。76歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

勝沼ますの関連キーワード勝沼精之允明治時代天保

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勝沼ますの関連情報