コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝田哲 かつだ てつ

美術人名辞典の解説

勝田哲

日本画家。京都生。名は哲三。東美校・京都絵専卒。山元春挙の画塾早苗会に入塾し、帝展文展で活躍する。のち京美工で後進の指導に専心し、麻田鷹司加山又造堂本尚郎らを輩出した。歴史画・美人画を能くし、気品のある画風を展開した。日展会員。昭和55年(1980)歿、84才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝田哲 かつだ-てつ

1896-1980 大正-昭和時代の日本画家。
明治29年7月8日生まれ。東京美術学校(現東京芸大)で西洋画をまなぶ。日本画に転じ,大正14年山元春挙に入門。昭和5年京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒業。4年,6年の帝展で歴史画の「天草四郎」「征旅(ジャンヌ・ダルク)」がともに特選。美人画にもすぐれた。昭和55年11月17日死去。84歳。京都出身。本名は哲三。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

勝田哲の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android