勝絶調(読み)しょうせつちょう

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうせつ‐ちょう ‥テウ【勝絶調】

〘名〙 雅楽十二律の一つ。勝絶の音(洋楽におけるヘ音)を音階の第一音(宮音)とした調子。壱越(いちこつ)より三律高い音で、中国十二律の夾鐘(きょうしょう)に当たる。俗楽では九本の調子。
※徒然草(1331頃)二一九「干の穴は平調、五の穴は下無調なり。その間に、勝絶調をへだてたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android