コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝間田 かつまだ

2件 の用語解説(勝間田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝間田
かつまだ

岡山県北東部,勝央町の中心集落。旧町名。 1954年合体により勝央町となる。出雲街道の宿場町として発展。農林高等学校は明治初年創設の塾の後身で,明治以来,多くの人材を送り出したことで知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勝間田
かつまだ

岡山県中央部、勝田郡勝央(しょうおう)町の中心地区。旧勝間田町。近世は出雲(いずも)街道の宿場町で、今日もJR姫新(きしん)線と国道179号が通じ、津山盆地の一商業中心地。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勝間田の関連キーワード岡山県勝田郡勝央町岡岡山県勝田郡岡山県勝田郡勝央町河原岡山県勝田郡勝央町黒土岡山県勝田郡勝央町岡山県勝田郡勝央町曽井岡山県勝田郡勝央町田井岡山県勝田郡勝央町平岡山県勝田郡勝央町畑屋岡山県勝田郡勝央町美野

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

勝間田の関連情報