コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝間田 かつまだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝間田
かつまだ

岡山県北東部,勝央町の中心集落。旧町名。 1954年合体により勝央町となる。出雲街道の宿場町として発展。農林高等学校は明治初年創設の塾の後身で,明治以来,多くの人材を送り出したことで知られる。第2次世界大戦前には製糸工場があったが,現在は絨毯工場に変っている。 JR姫新線勝間田駅があり,国道 179号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勝間田
かつまだ

岡山県中央部、勝田郡勝央(しょうおう)町の中心地区。旧勝間田町。近世は出雲(いずも)街道の宿場町で、今日もJR姫新(きしん)線と国道179号が通じ、津山盆地の一商業中心地。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

勝間田の関連キーワード岡山県勝田郡勝央町静岡県牧之原市勝田勝央美術文学館榛原(静岡県)佐々木 千里湯郷[温泉]牧之原(市)静岡(県)勝間田清一額田 六福日本社会党夫木和歌抄2月11日勝間田長清佐々木千里企画院事件榛原[町]中田 騄郎勝央(町)勝央[町]

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勝間田の関連情報