コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津山盆地 つやまぼんち

6件 の用語解説(津山盆地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津山盆地
つやまぼんち

岡山県北東部,吉井川上流域,中国山地吉備高原の間にある盆地。中心都市は津山市。北は那岐山 (1240m) 南縁の断層崖で明瞭に区分されるが,南は吉備高原の浸食が進行しているので不明瞭である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つやま‐ぼんち【津山盆地】

岡山県北東部、中国山地吉備(きび)高原にはさまれた盆地。県内最大の盆地で、中央底部を吉井川が貫流している。標高100~200メートル。中心は盆地中央部の津山市。盆地東部、那岐(なぎ)山の麓に位置する勝田郡奈義(なぎ)町と津山市東部に発生する日本海から中国山地を越える際の局地風を「広戸(ひろと)風」という。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

津山盆地【つやまぼんち】

岡山県北東部,中国山地内の盆地。吉井川の上流とその支流加茂川の流域で,盆地底の標高は約100m。北方山麓には扇状地が発達。米作,牛の飼育が盛んで,酪農も行われる
→関連項目勝央[町]勝北[町]中央[町]津山[市]奈義[町]美作[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つやまぼんち【津山盆地】

岡山県北東部にある中国地方最大の盆地。北側の中国山地と南側の吉備高原の間に位置し,吉井川の上流域に属する。北は鳥取県との境の那岐(なぎ)山(1240m)や山形仙(やまがたせん)(791m)に限られ,東半分は洪積層(日本原(にほんばら)層)が顕著に発達しているが,津山付近では第三紀層の丘陵が多い。瀬戸内海から50kmの内陸部にあり,標高100~200mで,気候は盆地性の特色を示す。年間を通じて霧がよく発生し,特に冬には多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕津山盆地(つやまぼんち)


岡山県北東部の盆地。中国地方最大の盆地で、中国山地と吉備(きび)高原の間に東西に連なる盆地列の東部に位置する。盆地中央部に津山市がある。東西約20km、南北約7km。盆地床の標高90~200m。吉井(よしい)川と支流の皿(さら)川・加茂(かも)川・宮(みや)川などが形成した沖積(ちゅうせき)低地。東部は扇状地・台地が広がり、吉野(よしの)川・梶並(かじなみ)川などの河岸平野に続く。西部は低湿地で、旭(あさひ)川上流の真庭市に通じる。稲作と酪農・畜産が盛ん。中国自動車道が通り、近年、工業化が著しい。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津山盆地
つやまぼんち

岡山県北東部にある盆地で、中国山地と吉備(きび)高原の間に東西に分布する盆地列中の最大。北側には那岐(なぎ)山(1240メートル)、山形仙(791メートル)などがあり、山麓(さんろく)の丘陵や台地は、古生層、中生層からなる基盤岩および第三紀層、洪積層よりなる日本原層で形成される。低部には吉井川とその支流の形成した沖積層がある。標高100~200メートルで、気候は全体としては瀬戸内型であるが内陸性を示し、岡山と比べて平均気温、最高・最低気温とも低く、降水量は多い。霧の発生日数が年間約100日あり、とくに冬に多い。盆地の東部、那岐山麓の勝田郡奈義(なぎ)町や津山市の東部に発生する局地風は広戸(ひろと)風として知られる。盆地の中心都市は津山市。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津山盆地の関連情報