コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勢力圏[国際政治] せいりょくけん[こくさいせいじ]sphere of influence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勢力圏[国際政治]
せいりょくけん[こくさいせいじ]
sphere of influence

一国の政治,経済,軍事面における排他的影響力の及ぶ他国領土の一部または全部をいう。第2次世界大戦後,中南米諸国がアメリカの勢力圏,東欧諸国がソ連の勢力圏と呼ばれることがある。国際政治史上厳密な意味で用いられたものとして,次の2つの場合がある。 (1) 19世紀末の植民地獲得競争に際して,欧米列強がアフリカを分割して植民地支配を行うのに先立ち,将来の先占を予想して領土権を留保した地域をさす。 (2) 19世紀末,特に 1895年日清戦争後,中国に対する列強の利権獲得競争が本格化するなかで,列強が中国で優先的あるいは排他的な権利を所有するにいたった特定地域をさす。 99年4月イギリスとロシアが鉄道利権範囲に関する条約を結び,イギリスは揚子江流域を,ロシアは長城以北をそれぞれの勢力圏と定め,相手国の勢力圏内では鉄道建設を行わない旨を約束したことや,1907年7月日本とロシアが第1次日露協約を結び,中国東北部 (満州) を2分して,日本は南満州を,ロシアは北満州をそれぞれ勢力圏と定めたことなどは,その例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android