勢至菩薩(読み)せいしぼさつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勢至菩薩 せいしぼさつ

知恵の光で生あるものすべてをすくうという菩薩。
阿弥陀三尊のひとつ。慈悲をつかさどる観世音菩薩とともに阿弥陀如来の脇侍(きょうじ)。姿は観世音菩薩とほとんどおなじで,ふつう単独で信仰されることはない。京都三千院の像が有名。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいしぼさつ【勢至菩薩】

Mahāsthāmaprāpta〕 智慧を象徴する菩薩。阿弥陀三尊の一つで、阿弥陀仏の右の脇侍。像の特徴は、冠に宝瓶をのせていること。大勢至菩薩。勢至。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勢至菩薩
せいしぼさつ

大乗仏教における菩薩の名。サンスクリット語でマハースターマプラープタMahsthmaprpta(偉大な勢力を得たもの)といい、大(だい)勢至、得(とく)大勢などと訳し、その略名が勢至である。観世音(かんぜおん)菩薩とともに阿弥陀(あみだ)仏の脇侍(わきじ)(脇に随侍するもの)とされる。智慧(ちえ)の光をもってすべてのものを照らし、もろもろの苦難を離れさせ、無上なる力を得させるので、この名があるという。阿弥陀三尊の一つとして広く尊崇されたが、対比される観世音菩薩の信仰に比べるとそれほど盛んではない。形像は、普通、肉髻(にくけい)(頭頂の肉の隆起)に宝瓶(ほうびょう)を頂き、合掌や来迎印(らいごういん)の姿で示されているが、密教では手に蓮華(れんげ)を持つなど種々あり一定していない。[藤田宏達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せいし‐ぼさつ【勢至菩薩】

(mahā-sthāma-prāpta 「大勢至菩薩」の略) 仏語。阿彌陀三尊の一つ。阿彌陀仏の右の脇士で、智慧の光で一切を照らし、衆生をして餓鬼・畜生・地獄の三悪道から救い、臨終には来迎して極楽に引導するという菩薩。宝冠中に宝瓶をつける。勢至薩埵。勢至。
※大原談義聞書鈔(1186か)「第五日之夜各行道交勢至菩薩同列立」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の勢至菩薩の言及

【勢至】より

阿弥陀如来の右脇侍(わきじ)として知られる菩薩の名。勢至菩薩ともいう。サンスクリットのmahāsthāma‐prāptaの漢訳名である大勢至を略して勢至という。…

※「勢至菩薩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勢至菩薩の関連情報