コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山越阿弥陀図 やまごしあみだず

3件 の用語解説(山越阿弥陀図の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山越阿弥陀図
やまごしあみだず

阿弥陀来迎図の一変形。阿弥陀如来が観音,勢至菩薩などを伴い,山のかなた上半身を現して来迎してくるさまを表わした図。鎌倉時代禅林寺本,金戒光明寺本,旧上野家本が代表的な遺品としてあげられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山越阿弥陀図【やまごえあみだず】

来迎図の一形式。浄土から迎えにくる阿弥陀三尊山越しに現れるさまを描いたもので,恵心僧都の感得と伝える。鎌倉時代に作られ,禅林寺,上野家,金戒光明寺等のものが著名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やまごえあみだず【山越阿弥陀図】

山の端の稜線の向こう側阿弥陀如来がその上半身をあらわす,という自然の景物と阿弥陀来迎(らいごう)の幻想が交錯する特殊な〈来迎図〉。代表作としては13世紀初めの禅林寺本(国宝),同後半の京都国立博物館本,14世紀前半の金戒光明寺本があり,現存作例はいずれも鎌倉時代以降のものである。その成立の背景には,古代以来の山岳に対する信仰があり,さらに山の端の稜線を此岸(穢土(えど))と彼岸(浄土)とを隔てるものとしてとらえる思想があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山越阿弥陀図の関連キーワード弥陀弥陀如来迎え講山の端阿弥陀ヶ滝迎えの雲霧の向こう側天の向こう側鎮国寺阿弥陀如来像平等院阿弥陀如来座像

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山越阿弥陀図の関連情報