コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山越阿弥陀図 やまごしあみだず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山越阿弥陀図
やまごしあみだず

阿弥陀来迎図の一変形。阿弥陀如来が観音,勢至菩薩などを伴い,山のかなた上半身を現して来迎してくるさまを表わした図。鎌倉時代禅林寺本,金戒光明寺本,旧上野家本が代表的な遺品としてあげられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

山越阿弥陀図【やまごえあみだず】

来迎図の一形式。浄土から迎えにくる阿弥陀三尊山越しに現れるさまを描いたもので,恵心僧都感得と伝える。鎌倉時代に作られ,禅林寺,上野家,金戒光明寺等のものが著名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまごえあみだず【山越阿弥陀図】

山の端の稜線の向こう側に阿弥陀如来がその上半身をあらわす,という自然の景物と阿弥陀来迎(らいごう)の幻想が交錯する特殊な〈来迎図〉。代表作としては13世紀初めの禅林寺本(国宝),同後半の京都国立博物館本,14世紀前半の金戒光明寺本があり,現存作例はいずれも鎌倉時代以降のものである。その成立の背景には,古代以来の山岳に対する信仰があり,さらに山の端の稜線を此岸(穢土(えど))と彼岸(浄土)とを隔てるものとしてとらえる思想があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山越阿弥陀図の関連キーワード浄土教美術宅磨栄賀冷泉為恭

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android