コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧修寺教秀 かじゅうじ のりひで

美術人名辞典の解説

勧修寺教秀

経成の男。後奈良天皇の御外祖。准大臣従一位。明応5年(1496)歿、71才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勧修寺教秀 かじゅうじ-のりひで

1426-1496 室町時代の公卿(くぎょう)。
応永33年生まれ。勧修寺経成(つねなり)の長男。権(ごんの)大納言をへて明応5年従一位,准大臣にすすむ。勧修寺准大臣とよばれた。明応5年7月11日死去。71歳。後奈良天皇の外祖父であったため,大永(たいえい)8年(1528)左大臣を追贈された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

勧修寺教秀の関連キーワード万里小路賢房勧修寺房子豊楽門院室町時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android