コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧農或問 かんのうわくもん

2件 の用語解説(勧農或問の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんのうわくもん【勧農或問】

水戸藩の学者藤田幽谷が1799年(寛政11)に著した農政改革論。上下2巻。全編問答体で記す。藩の財政窮乏と士民の生活難により藩勢が衰退した実情を説き,農政上のおもな弊害として,侈惰,兼併,力役,横斂,煩擾の5弊を指摘し,その一つ一つにつき改革策を述べ,結論として財用を節約し仁愛をもって人民を治めるべきことを論じている。水戸藩の農政史研究に不可欠の書。《幽谷全集》所収。【鈴木 暎一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勧農或問
かんのうわくもん

水戸藩の儒学者藤田幽谷(ふじたゆうこく)が1799年(寛政11)に著した農政改革論で、彼の代表作の一つ。上下2巻。上巻に勧農総論として領内の人口減少、農地荒廃の現象を述べ、原弊五条として、荒廃の原因に、侈惰(しだ)、兼併(けんぺい)、力役(りきやく)、横斂(おうれん)、煩条(はんじょう)をあげ、下巻にその排除策を記し、愛人節用を旨として藩財政収支均衡を図ることを主張している。基本的に儒教の仁政思想であり、農村の実情に即した改革論とはいいがたい。のちに幽谷と対立した立原翠軒(たちはらすいけん)学派の大内正敬『勧農或問細評』には儒者の空論と批判している。『幽谷全集』、『日本経済大典』32、『日本経済叢書(そうしょ)』20に所収。[秋山高志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勧農或問の関連キーワード豊田天功吉田令世吉成慎亭岡崎槐陰高橋坦室武田幾徳川治保飛田逸民西宮秀吉成又右衛門

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone