空論(読み)くうろん

精選版 日本国語大辞典「空論」の解説

くう‐ろん【空論】

〘名〙 現実から離れた、役に立たない議論、ないし理論空理
※箚録(1706)「様々空論異説を云て、とでも無なるは物の字を知ざる故なり」
※滑稽本・風来六部集(1780)放屁論後編「紙上の空論(クウロン)を以て格物窮理と思ふより」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「空論」の解説

くう‐ろん【空論】

現実とかけ離れた、役に立たない議論・理屈。「机上の空論」「空理空論

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android