コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化体 カタイ

デジタル大辞泉の解説

か‐たい〔クワ‐〕【化体】

[名](スル)観念的な事柄を、具体的な形のあるもので表すこと。特に、権利を有価証券の形で表すことをいう。「証券に化体されている債権

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたい【化体】

観念的な事柄を、有形物によって具体的な感知できるものにすること。特に、有価証券法において、権利を証券上に表すこと。

けたい【化体】

( 名 ) スル
姿・形を変えること。他のものになること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

化体の関連キーワード3大学のキャンパスアジア・プログラム高レベル放射性廃棄物処分の仕組みスタンドバイ・クレジット日本・モンゴル民族博物館原子力発電環境整備機構モスクワ・タルトゥ学派リン酸オセルタミビル高レベル放射性廃棄物ポルトランドセメント地域教育力再生プランチューリヒ一致信条新潟県胎内市下赤谷日光だいや川公園シリカセメント昭和ふるさと村ユ インチョンキリストの実在酸化還元電極オキシダント平衡電極電位

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

化体の関連情報