コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学気相成長法 カガクキソウセイチョウホウ

デジタル大辞泉の解説

かがくきそう‐せいちょうほう〔クワガクキサウセイチヤウハフ〕【化学気相成長法】

原料を含む混合ガスを加熱した基板の上に流し、熱分解などの化学反応によって表面に結晶や非晶質の薄膜を蒸着させる方法。半導体素子の製造過程において、絶縁体や金属などの薄膜を形成するのに欠くことのできない重要な技術。化学蒸着法化学気相堆積法化学気相反応法CVD(chemical vapor deposition)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

化学気相成長法の関連キーワード有機金属気相成長法化学気相蒸着法

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android